学部長あいさつ

学部長あいさつ

 

「あなたらしさを仕事力に」                       

 

  宇部フロンティア大学

     人間健康学部看護学科 学部長 佐藤 美幸

 

 人間健康学部看護学科は山口県唯一の私立看護系大学として、平成19年に開設され、今年で14年目になります。この間、多くの学生を育て、人と人、人と地域を繋いで参りました。

 本学の看護教育は、「人間性の涵養」「実学の重視」の建学の精神に基づき、人間理解と生命の尊重を基盤として、こころ豊かな人間性を育み、看護実践に必要な総合的な専門能力を養う教育を大切にしております。「涵養」とは水が自然にしみ込んでいくかのように、無理せず少しずつ教え養うという意味です。人を理解し、人と関わり、深い愛情や尊敬の念を持てる人こそ、看護に求められる「人間性」だと考えています。「人間性の涵養」を最も大切にしているのがここ宇部フロンティア大学です。

 

 私たちが住んでいる日本は、急速なスピードで超少子高齢社会を迎え、医療や介護・子育てなど保健医療福祉の分野においてさまざまな課題を抱えています。一方、人や物の価値観が多様化し、今まさにパラダイムシフトの時を迎えています。時代は、物事を俯瞰できる広い視野を持ち、より高度な専門知識と技術を備え、新しい看護を創造し、自ら実践していく看護職を求めています。本学では、学生のコミュニケーション能力の獲得や、臨床判断のために必要な基礎能力を重視し、初年次教育や補習科目による大学教育の導入、1年次からの看護学臨地実習を行い、小規模大学ならではのきめ細やかな教育に心がけています。

 

 宇部フロンティア大学のキャッチコピーは「あなたらしさを仕事力に」です。未来へ向かって羽ばたこうとしているあなた自身の「あなたらしさ」とはどんなことでしょうか。これからの時代は人と人とのコミュニケーションのあり方や社会の仕組みが予想もつかないような形で変わってくるでしょう。新しい時代を生きるあなたの「あなたらしさ」を見つけに宇部フロンティア大学で一緒に学びませんか。

学部・大学院

学部長あいさつ