教養履修制度(心理学部)

教養履修学生とは、社会人を対象とした、安い学費で学ぶことのできる特別の入学制度で、

小人数のゼミナールを中心に研究指導を受けることができるほか、

一般教養科目や心理学の講義やゼミナールを受講して4年間で大学卒業を目指します。

他大学や短期大学出身者は(福祉心理学科)3年次に編入学できます。

心理学の大学院を目指す方で、他分野出身の方の基礎学習にも対応しています。

 

 

※説明会日程(個別説明のみ要事前予約)

2019年12月~2020年3月の説明会予定

 12月12日(木)、19日(木)、25日(水)13:30~14:30

 1月9日(木)、16日(木)、23日(木)、30日(木)13:30~14:30

 2月6日(木)、13日(木)、20日(木)、27日(木)13:30~14:30

 ※追加開催(最終)3月5日(木)13:30~14:30

 

 ご都合のつかない場合は個別説明を実施しております。(1時間程度)

 平日の午後1時から午後7時までのご希望の日時で調整いたします。

 ※募集対象 来年度26歳以上で週3日以上通学可能な方

  お気軽にご連絡ください(要・電話予約 0120-38-0507)

 

 ※説明会に引き続き面談(個別または全体)の上、願書をお渡しいたします。

 ※3年次編入学希望者は、出願時に出身大学等の「卒業証明書」と「成績証明書」をご提出いただきますので、早めにご準備ください。

 ※卒業証明書と現在の名字(姓)が異なる方は、本人確認のため戸籍抄本(原本)も必要です。

   ※最終の出願締め切り日は2020年3月13日(金)大学事務室必着です。

  

※個別相談・説明は随時受け付けておりますので、

お気軽にご連絡ください(要・電話予約 0120-38-0507)

               

 

教養履修学生

宇部フロンティア大学は、ずっと”社会人の学びの場”を提供しています。

大人になった今だからこそ、自由に学びたい、研究したい・・・。こうした思いを支えます。

希望者は卒業時に認定心理士(申請資格)の取得を目指せます。

大学院に進学して心理学の専門家を目指す道も開かれています。

教養履修学生は、社会人を対象とした特別の入学制度で、少人数のゼミナールを中心に研究指導を受けることができるほか、一般教養科目や心理の講義を受講して4年間で卒業を目指します。

 

卒業までの期間

(※注1)

※心理学科1年から入学する人;4年(一部は放送大学や山口大学の単位互換科目を利用できます)

(※注2)

※福祉心理学科3年に編入する人;2年以上最長3年(最大60単位認定可能)

 

学習環境の配慮

通常の対面講義のほかに、次のような履修環境が整備されています。

 ・夜間、土曜日、日曜日に開講される講義があります。(※注3)

 ・放送大学を利用できます。(※注4)

※注1 在籍できる期間は一般学生と同じです。

※注2 3年次編入の場合は、人間社会学部福祉心理学科への編入学となりますので、在籍できる期間は2022年度までです。

※注3 全ての科目を、夜間や土曜日・日曜日の講義、放送大学で学べるわけではありません。 

   学習環境は、諸般の事情により、変更される場合があります。 

※注4 放送大学の利用は入学年度の後期から卒業年度の前期までとなります。

   なお、卒業に認められる単位は、既修得単位の認定と合わせて、最大60単位までです。

   その他、資格取得関連科目については受講の制限があります(詳しくは説明会・相談会などでご相談下さい)

 

特 徴 1 (おとなの教養科目があります)

・心理学科開講科目の中から自由に科目を選べます。

 (※学外実習関連科目を除く、すべての心理とビジネスの専門科目も学べます)

・履修上の不明な点は担当教員(チューター)と相談できるので、安心です。

・126単位分の科目を履修することで大学卒業資格(学士)を取得できます。

・既に大学・短期大学、専門学校等を卒業されている方は、過去に修得した単位が最大60
 単位まで認められる場合があります。

 

特 徴 2 (心理学の専門科目を広く学べます)

・認定心理士を希望する方は、教養科目と専門科目の所定の単位を取得して卒業することで、

 認定心理士申請資格を得ることができます。(※注5)

・履修上の不明な点は担当教員(チューター)と相談できるので、安心です。

・本学では臨床心理士の受験資格を得ることのできる大学院を併設しています。大学を卒業

 してさらに大学院に進み、所定の単位を取得して修了すれば臨床心理士の受験資格

 を得ることができます。

・国家資格「公認心理師」を目指して、心理学の基礎を幅広く学べます。(※注6)

※注5 平成27年4月1日現在の資格要件にもとづいて表記しています。

※注6 一般入学生の場合のみとなり、教養履修学生は公認心理師の国家試験受験資格を目指すことはできません。

 

 特 徴 3 (ともに学ぶ仲間がいます)

・宇部フロンティア大学では約20名の社会人学生が在籍しています。

・全学生がゼミに所属し、入学年度から社会人学生対象のゼミが開講されます。
希望者は一般学生と合同のゼミも選択することができるため、孤立する心配がありません。

・本学などの心理学の大学院を目指す学生たちの勉強会も開催されています。

 

 特 徴 4 (さらに学びたい人には)

 

公認心理師の受験資格(国家試験)を得るためには

1.大学4年間と大学院2年間で、必要な心理学の科目を取得して卒業する。

 ※2018年度以降入学の教養履修学生は新規開設の学外実習科目の「心理実習」の受講ができませんので

 教養履修学生の身分で履修できる公認心理師の学部指定科目は、学内開講の講義科目と演習科目のみとなります。

2.大学4年間と臨床現場で実務を3~4年間経験する。

 

一般入学生(社会人AO入試)

教養履修学生のメリットとデメリット

教養履修学生は、安い学費で大学卒業資格(学士)や認定心理士の申請資格を得ることができますが、国家資格の受験資格に関わる学外実習関連の科目を履修することができません。

履修できない科目の例:「心理実習」(公認心理師)など

 (福祉心理学科における3年次編入の場合も、福祉に関する実習関連の科目を履修できません)

これらの学外実習関連科目を履修するには「一般入学生」として入学する必要があります。

 (社会人AO入試とは推薦入試の一種です。詳細は受験要項をご参照ください)

国家資格の受験資格を得るには

1.社会人AO(アドミッション・オフィス)入試を受験し、一般入学生として入学する。

   ※学費は一般学生と同額だが、各種奨学金(貸与・給付)が利用できる。

   ※3年次編入の場合は、公認心理師国家試験受験資格を目指すことができません。

 

 

学 費 等

①入学審査料 25,000円

②入 学 料 50,000円 

③授 業 料 半期157,500円(年間315,000円)

  ※授業料は、前期・後期ごとに申し受けます。(入学時の前期分は入学前に納付)

④施設設備費 教養履修学生については免除します。

⑤諸 経 費 25,660円(令和2年度予定額)

⑥その他

 履修する科目により、実験実習費等を申し受ける場合があります。

 放送大学を利用する場合は、放送大学が定める授業料を別途お支払いいただくことになります。

 詳しくは、説明会・相談会・個別相談などでおたずね下さい。

 

募集定員

心理学科 教養履修学生若干名(福祉心理学科3年次編入生若干名)

※入学試験は随時個別に行います。なお、募集定員に達し次第、本年度の募集を終了します。

 【出願締切 令和2年3月13日(金)大学事務室必着】

 

入学までの流れ(入学試験)

 ①入学希望を入試広報課までお申し込み下さい。個人面談日を調整のうえ、ご連絡します。

  (入試広報課 ℡ 0836-38-0511 またはフリーダイヤル 0120-38-0507)

 ②個人面談を行います。

  教養履修入学試験担当教員との面談を行います。

  この個人面談で出願書類をお受け取り下さい。

 ③出願手続きを行って下さい。面接試験日程を調整のうえ、ご連絡します。

 ④面接試験

 面接試験を行います。面接試験では、履修計画、学習意欲、人物を中心に評価します。                                                                           

 ⑤面接試験の結果を審査します。

 ⑥合否の結果を通知します。