橋本茂子先生のページ

 看護の実践は看護技術が基本となります。看護技術の授業は講義による知識と学内演習、実習では対象者にあった看護技術の方法を学ぶということになります。これらの学修過程のなかで、実習に行く前の講義と演習において基礎的知識と基本的な技術を修得することが大切になってきます。講義で興味・関心を持ち、学内演習により「できた」という体験を身につけていくことです。それには主体的な学びが必要です。

看護技術の講義、演習の授業でみなさんの学修意欲が高められるような授業づくりと、看護技術を実践する看護の場の援助的な人間関係形成について研究しています。

学部・大学院

橋本茂子先生のページ