山邉素子先生のページ

1.自己紹介

熊本出身ですが中高の6年間は熊本で暮らしていました。一番、長く生活したのは福岡市です。大学病院に9年間、看護師、副看護師長として勤務しました。米国メイヨ・クリニックで1か月間の研修後に、大学、大学院へ進学し、米国で正看護師として働くために進学したのですが、教員になりました。人生も看護道も究める!です。看護は奥が深く、広く、まだ自分の言葉で「看護とは〇〇です!」と語ることもできません。修行中です。

2.看護の専門領域

現在は基礎看護学で「看護とは何ぞや!」や看護の歴史を熱く講義しています。看護の未来を創造する学生たちに温故知新に習って欲しいと想っています。以前は小児看護学も教授していました。やりたいことは多数ありますよ!

3.研究分野

1)研究方法論の教授法(研究を愉快に、わかりやすく教育する方法を研究しています)

2)ベテランと新人看護師の技術の相違の明確化(どこが、何が、どのように異なるのか、

数値化しています)

3)足型研究(女児は男児よりも足型の異常<外反母趾、浮き指、偏平足>が発症することを明確にしました。今は、その予防策を考案中です)

4)重症な患者さんの、せん妄(ここはどこ?私は誰?のような状況になること)の発症率、予防策を考え中です。

5)頭皮マッサージ(スカルプケア)の効果的な方法(疲れていると疲労物質が溜まるので頭皮は固くなります!疲労軽減のためのマッサージ法を美容師さんらと研究中です!)

4.看護を目指す高校生へのメッセージ

1)Dreams come true.

2)Drive your dreams.

3)The power of dreams.

学部・大学院

山邉素子先生のページ