狩野京子先生のページ

<自己紹介>

私は、島根県出雲市の出身で、平成30年3月まで県立病院の看護部に在籍し、プロジェクト学習&ポートフォリオを併用した目標管理(鈴木敏恵氏)を実践してきました。看護職員一人ひとりが、組織における課題を発見し、ゴール設定、計画立案、実施、評価のサイクルを回すことができること、そして、知識や情報を構造化する経験を積み重ねることを目指してきたところです。この経験を活かし、学生一人ひとりがどんな看護師になりたいのかを明確にし、どのように学習を進めていくのか自ら考えることができるよう支援していきたいと考えます。

研究内容>

研究領域は、看護管理学です。

主なテーマは、「看護師の職業キャリア発達に関する基礎研究」で、キーワードは、「看護師の職業キャリア成熟」です。修士論文では、「看護師の職業キャリア成熟測定尺度の開発」と、「看護師の職業キャリア成熟と看護師長によるソーシャルサポートの関連性」について検討しました。この研究では、看護師長による情緒的サポートが看護師の職業キャリア成熟度を高めることが明らかになりました。博士論文では、「看護師の年齢、性別、教育課程などの人口学的特性」や「職業的アイデンティティおよび職業経験の質の個人特性」と「職業キャリア成熟」の因果関係モデルを実証研究しました。その他、基礎看護領域である「看護師の倫理的行動自己評価尺度」の開発をしています。今後は、看護学生の倫理的行動に着目し調査を行いたいと考えています。

学部・大学院

狩野京子先生のページ